安全の取組み
安全に関する基本方針
当社はお客様に満足いただけるように、安全・安心で快適な移動、楽しい旅を笑顔でご提供します。

1.バス事業者は、多様化する利用者の皆様のニーズに的確に対応し、安全輸送サービスを確実に継続することが使命であることを十分認識し、社長及び社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
2.輸送の安全に関する法令及び関係する規定を順守し、厳正かつ忠実にその職務を遂行する。
3.公共事業としての役割を担っていることを自覚し、安全管理体制を適切に維持するために最善を尽くす。
4.安全・正確・迅速・快適・継続の五本柱を基に、無事故輸送サービスに努め皆様の信頼に応え広く社会貢献していく。
5.輸送の安全に関する情報について積極的に公表する。
輸送の安全に関する目標(前年度達成状況)

2021年度安全目標

重大事故ゼロの継続・車内事故・人身事故ゼロを目指します
譲りあい、防衛運転、徐行、安全確認、バック誘導を徹底します
安全で優しい運転、丁寧な接遇を心がけます


自動車事故報告規則第二条に規定する事故に関する統計
自動車事故報告規則第二条に規定する事故は発生しておりません
(1)重大事故ゼロの継続
   (令和2年度発生件数 貸切・特定 0件)
   (平成31年度発生件数 貸切・特定 0件)
   (平成30年度発生件数 貸切・特定 0件)
   (平成29年度発生件数 貸切・特定 0件)
その他の事故
(2)物損事故
   (令和2年度貸切 0件・特定 5件)
   (平成31年度貸切 0件・特定 9件)
   (平成30年度貸切 0件・特定 3件) 
   (平成29年度貸切 0件・特定 9件)
(3)人身事故
   (令和2年度貸切 0件・特定 2件)
   (平成31年度貸切 0件・特定 0件)
   (平成30年度貸切 0件・特定 1件)
   (平成29年度貸切 0件・特定 0件)    
社員教育・乗務員教育
常に交通安全を意識し、安全週間・交通安全週間等の全国行事を活用しながら、日頃から交通安全意識を向上するよう教育しております。
法令順守・無事故無違反の徹底などを基本に、安全運転の誓いやモラル向上のため前向きに取り組んでいます。
また、運転士としての心構え・事故事例を用いた危険予知などの啓発活動を毎月実施し、交通安全の重要性の認識を高め、安全運転の徹底に取り組んでいます。
 
・年間教育計画に基づいた毎月の安全講習会の実施
・ドライブレコーダーを活用したヒヤリハット情報収集と活用
・災害、異常気象時の対応

乗務員の健康管理
全従業員が常に心身健康であることが安全な輸送の第一歩であると考え、乗務員の健康状態の把握・健康維持管理の徹底に努めています。

・SAS(睡眠時無呼吸症候群)スクリーニング検査の実施(平成28年度~)
・脳ドックの受診(平成27年度~)
内部監査・安全管理規定及び安全統括管理者
輸送の安全に関する内部監査
安全統括管理者による社内監査規定に基づいた内部監査の実施(年2回)

安全管理規定:道路運送法第22条の2及び運輸規則第47条の3の規定に基づき、平成25年11月1日に制定し、同11月5日に関東運輸局東京運輸支局に届け出

安全統括管理者:道路運送法第22条の2第5項及び運輸規則第47条の6の規定に基づき、平成30年4月11日に選任し、同4月12日に届け出

安全統括管理者 麻生 曜子